横浜で財務コンサルティングサービスをお探しなら、三宅綜合会計事務所へぜひご相談ください。

社会福祉法人の公認会計士との付き合い方

更新日 :

監査を担当する公認会計士とは、長いお付き合いになりますので、長期的な視点で付き合い方を考えましょう。

監査資料を提供して、監査をしてもらい監査報告書をもらうだけでは、意味がありません。

公認会計士は、様々な会社や団体に監査にいっているので、他業種や他法人の状況や知識が豊富にあります。

個別の内容はお話できませんが、ガバナンスだったり経理処理だったりは、不安のある部分については、蜜に連絡を取り合うのがよいと思います。

非営利団体は、かなり専門的な要素が強く、また、ガバナンスや経理処理も異なっていたりします。

長期的な視点をもってお付き合いしていくことが大切です。