横浜で財務コンサルティングサービスをお探しなら、三宅綜合会計事務所へぜひご相談ください。

社会福祉法人の監査準備

更新日 :

社会福祉法人の皆様へ

 

法定監査の対象となる平成29年度が始まる前にやっておくべきことをご紹介します。

 

1.社会福祉法人会計基準に従った会計処理ができているかの点検

2.経理規程をはじめとした諸規程の整備

3.経理体制をはじめとした内部管理態勢の整備・運用のチェック

4.会計監査人候補者との事前打ち合わせ

5.平成29年3月31日現在における会計監査人候補者による、実査(現物検査)、立会(棚卸資産の棚卸し)及び確認(銀行、証券会社等)の実施

 

この中で特に大事なものは、3番目と5番目です。平成29年度の期首残高(平成28年度の期末残高)の検証が行われていないと、平成29年度について「適正意見」が表明されない可能性があります。

 

当事務所では、すでに準備を進めていらっしゃる法人様のお手伝いをしておりますので、お気軽にご連絡をいただければ幸いです。