横浜で財務コンサルティングサービスをお探しなら、三宅綜合会計事務所へぜひご相談ください。

相続税精算課税制度

更新日 :

60歳以上の直系尊属から20歳以上の子や孫に対する贈与については、

相続時精算課税制度により、一定額の贈与を無税で渡すことができます。

 

メリット

贈与額が2500万円までは、無税で贈与することができます。

将来値上がりが予定されているものは、贈与時の評価額によることができます。

 

デメリット

相続時に相続財産として持戻しが行われるため、相続税の対象となります。

一度相続時精算課税制度を適用してしまうと、その後の暦年贈与ができなくなります。