横浜で財務コンサルティングサービスをお探しなら、三宅綜合会計事務所へぜひご相談ください。

節税目的の賃貸不動産の取得

更新日 :

仮に1億円の現金があったとします。その1億円がそのまま現金ですと、相続財産は1億円になります。

しかし、賃貸不動産を1億円で取得した場合、その評価額は1億円以下になりますので、相続財産は1億円以下になります。その結果、相続税はやすくなります。

果たしてこれでいいのでしょうか?

 

短期的な視点から相続税を下げたいということだけで済む問題なのでしょうか。

 

実は、デフレの時代の相続税対策としては、正しくないと思われます。なぜなら相続税は減額できるけれども、値下がりリスクや空室リスク、維持管理リスクなどが生じてきます。これらは、長期的には重要な問題をはらんで来る可能性があります。

 

まして、その1億円が借入金によるものであったら、借入金が残ってしまうリスクさえあります。

 

安易な賃貸不動産の取得による短期的な相続税対策はお勧めできないものなのです。