横浜で財務コンサルティングサービスをお探しなら、三宅綜合会計事務所へぜひご相談ください。

事業承継としてのM&A

更新日 :

中小企業の後継者問題は深刻です。

後継者がいる場合に比べて、後継者のいない場合はその出口戦略が重要になってきます。

例えば、第三者に売却できるような会社にしておくこともしくは会社を廃業しても親族に影響を与えないようにすることなどが挙げられます。

 

育て上げた会社をM&Aさせるもしくは廃業させるという決断は、大変勇気のいる決断だと思いますが、そのような事業承継(廃業)といったことも考えて会社をどうしていきたいのかを考えておく必要がある時代なんだと思います。