横浜で財務コンサルティングサービスをお探しなら、三宅綜合会計事務所へぜひご相談ください。

経営判断の原則(その3)

更新日 :

・ 各要件をもう少しブレークダウンしてみます。

 

・ 要件 1.意思決定をした当時の状況に照らし、合理的な情報収集、調査、検討が行われたかどうか。

 

・ ① 意思決定の目的が正当なものであり、合法的なものであること

 

・ ② 意思決定を行うにあたっての事実調査に漏れがないこと

 

・ ③ 事実の認識に当たって、重要な誤りや不注意がないこと

 

・ 要件 2.その状況において理事に要求される能力水準に照らし合わせて、不合理な判断が行われなかったどうか。

 

・ ① 事実にもとづく行為の意思決定を行う選択決定が、不合理であるとはいえないこと

 

・ ② その行為の結果が著しく不当であるとは予測されないこと