横浜で財務コンサルティングサービスをお探しなら、三宅綜合会計事務所へぜひご相談ください。

経営判断の原則(その2)

更新日 :

・ 経営判断の原則 ・・・ 善管注意義務、忠実義務を果たすために。

 

・ 大前提 法令は遵守していること

 

・ 要件 1.意思決定をした当時の状況に照らし、合理的な情報収集、調査、検討が行われたかどうか。

 

・ 要件 2.その状況において理事に要求される能力水準に照らし合わせて、不合理な判断が行われなかったどうか。

 

・ これらが満たされているかどうかによって、注意義務違反が判断されます。

 

・ これらは、理事の判断を萎縮させるというよりは、裁量の余地を認めたものということであり、理事会の意思決定の自由度と制限を示したものです。