横浜で財務コンサルティングサービスをお探しなら、三宅綜合会計事務所へぜひご相談ください。

社員総会(評議員会)の役割

更新日 :

・ 一般社団(財団)法人、NPO法人および社会福祉法人には、社員総会(評議員会)の設置が義務付けられています。ただし、社会福祉法人については、H29年4月1日以降施行されます。

 

・ 一般社団法人の場合

第三十五条  社員総会は、この法律に規定する事項及び一般社団法人の組織、運営、管理その他一般社団法人に関する一切の事項について決議をすることができる。

2  前項の規定にかかわらず、理事会設置一般社団法人においては、社員総会は、この法律に規定する事項及び定款で定めた事項に限り、決議をすることができる。

・ 一般財団法人の場合

第百七十八条  評議員会は、すべての評議員で組織する。

2  評議員会は、この法律に規定する事項及び定款で定めた事項に限り、決議をすることができる。

 

・ NPO法人の場合

第十四条の五  特定非営利活動法人の業務は、定款で理事その他の役員に委任したものを除き、すべて社員総会の決議によって行う。

 

・ 社会福祉法人の場合

第四十五条の八 評議員会は、すべての評議員で組織する。

2  評議員会は、この法律に規定する事項及び定款で定めた事項に限り、決議をすることができる。

 

・ 主な決議内容

・ 理事及び監事の選任・解任

・ 理事及び監事の報酬の決定

・ 計算書類等の承認(会計監査人設置法人では、報告になる)

・ 定款の変更

・ 定款で社員総会(評議員会)で決議すると定めた事項

・ 特別決議が必要となるものがあります。(3分の2以上もしくは4分の3以上の賛成が必要)

・ ex. 定款の変更 理事及び監事の解任など