横浜で財務コンサルティングサービスをお探しなら、三宅綜合会計事務所へぜひご相談ください。

監査を含めた法定スケジュール

更新日 :

監査が行われる社会福祉法人については、決算に当たって法定のスケジュールがありますので簡単に説明します。

 

大きく変わるところは、従来役所に提出していた決算書類の提出が、5月末から6月末に変更されるところです。したがって、次のようなスケジュールで理事会、評議員会などを決める必要があります。

 

① 3月31日から4月下旬

→ 計算書類の作成

 

② 4月下旬から5月中旬

→ 会計監査

 

③ 5月下旬

→ 監事監査

 

④ 5月下旬から6月上旬

→ 決算承認理事会の開催

 

⑤ 6月中旬から下旬

→ 定時評議員会の開催

→ 定時評議員会と決算承認理事会との間には、2週間+1日、すなわち15日の期間を空ける必要があります。

 

したがって、実務的には、定時評議員会の日程を定めた後、逆算で決算スケジュールを計画するのが正しいやり方です。

 

⑥ 6月末

→ 役所への書類の提出

 

次回は、会計監査人の予備調査について説明します。