横浜で財務コンサルティングサービスをお探しなら、三宅綜合会計事務所へぜひご相談ください。

例えば、少人数でIPOを目指すような会社であっても、従うべき規準などは大会社と同じです。その規準などの趣旨をきちんとくみとり、少人数であってもきちんと守っていけるように考えていきます。最初にこうすべきとしてしまうと、身動きが取れなくなってしまうので、「現状を生かす部分」と「変える部分」をきちんと見分けて、過度な負担にならないよう、規模に応じたコンサルテーションを考えます。

基本的に会社の運営については、なるべく事前に「こうするとよくなる」「ここのポイントだけは押さえてほしい」ということを話すことがよくあります。会社の意思を尊重して、過度な対応は求めず、問題が出そうな部分を分析してお伝えし、お客様自身が判断し、対応していただくように心がけています。

ファイナンスプランを考えるときは、お客様が最善に近づけるように、一緒に検討いたします。お客様自身が問題に思っていること、お気づきになっていないことなどをきちんと把握し、その上で、お客様に選択していただけるよう説明を尽くして、納得していただくようにしています。


財務に関する案件であれば、どのようなものでも対応するように心がけ、必要であれば、同業者や異業種の専門家とチームを組んで対応することもあります。会社の規模や態勢に応じたベストな選択を常に考えます。

小規模の個人事業主であっても、規模の大きな会社であっても、その規模に応じて柔軟な対応をしているので、紋切り型の仕事をしないのも特長です。


財務に関する案件であれば、どのようなものでも対応するように心がけ、必要であれば、同業者や異業種の専門家とチームを組んで対応することもあります。会社の規模や態勢に応じたベストな選択を常に考えます。

小規模の個人事業主であっても、規模の大きな会社であっても、その規模に応じて柔軟な対応をしているので、紋切り型の仕事をしないのも特長です。


外部の専門家として、個人的な事情や会社の中では言えないようなことであってもお客様が快くお話していただけるよう心がけております。
もちろん秘密に関してはきっちりと守らせていただきます。それこそが最適な財務を考える上で最も大切なことだと考えています。